We're gonna step and go !

2001年9月にNYへ。2005年からFLで4年生活。そして2009年春から再び      NY生活が始まりました。日々の出来事を書いています。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Miracle on the Hudson

昨日の夜、家事も一段落したので ニュースでも見ようと
TVをつけ CNNのチャンネルに合わせました。

すると・・・なんということでしょう。

US Airwaysの飛行機が ハドソン川に不時着している映像が
流れているではありませんか。もう、ビックリしました。

10130544834_s[1]_convert_20090117065803


一瞬、テロ??って不安に思いましたが ニュースを見ていくうちに
鳥がエンジンに入ってしまいで離陸後3分くらいで
エンジンが止まってしまったということが分かりました。

私は2005年まで、NYに住んでいたので あの辺の環境は分かります。
ラガーディア空港からすぐのところに マンハッタンがあり 
人口密集地のクイーンズもあります。
もし、そういった場所に墜落していたら 大変なことになっていたでしょう。

機長の冷静な判断で、無事にハドソン川に不時着。
死者を出さず、ケガも数人程度で済んだのは まさにMiracleですね。

ハドソン川周辺は 水上タクシー(バス?)や遊覧船の行き来が多いところですが
今回は、そういった会社の人たちが 迅速かつ、あるだけの船を出して
すぐに現場に駆けつけたと報道していました。
飛行機が不時着しているんですから 危険かもしれないのに・・・・。だけど
インタビューを受けていた 船会社の人は、 ”考えている時間なんてない。とにかく、
あるだけの船を集めて現場に行くしかないと思って行動した”と言っていました。

こういった人たちの迅速な行動があったからこそ 水死者も出なかったのでしょう。
真冬のNYは寒いです。川の水温もかなり低いはずです。

それから さっき、ネットニュースを読んでいたのですが 
そこには、こんなことが書いてありました。

”エンジンがとまったジェット旅客機のハドソン川への緊急着陸を成功させ、
さらに 乗客全員を非難させた後に、2回機内を歩き、
残った人がいないことを確認して、最後に自分が避難 
 


プロ中のプロです。
すごいです、チェスリー・B・サレンバーガー機長。

10130544833_s[1]_convert_20090117065740

ニューヨークのラガーディア空港は、私たちも何度か利用したことがあります。
夫がニューヨーク出張の時は、JFKではなくて ラガーディア空港を利用します。
1ヶ月くらい前にも利用しています。

Bird・Strikeが多いと聞いて ドキドキしています。

ただ、ラガーディア空港だけでなく、どの空港でもあるようです。
それこそ、日本の空港でも・・・。


日本に一時帰国する時や、アメリカに戻ってきた時・・・・つまり、
成田空港発着の飛行機や アメリカ国内線の乗り継ぎ空港での飛行機で
このような事態に遭遇してしまったら・・・・とニュースを見ながら考えてしまいました。

一時帰国時は、これまで夫ナシで ずっと親子3人で行き来してきました。
夫がいない状況で、緊迫した状況の中 英語のアナウンスをちゃんと聞き取れ
私一人でパニックになることなく子どもたちを避難させられるだろうか・・・。

あれこれ考えてしまうと、飛行機に乗るのが怖くなってしまいますが
一時帰国に限らず、広いアメリカでは 少し離れたところに旅行しに行くとなると
飛行機を使わなくてはなりません。日本に比べると、必然的に飛行機に乗る
回数が多くなります。
飛行機の座席に置いてある緊急時のマニュアル。
いつもは、チラっとしか見ないけど これからは一通り目を遠さなきゃと思いました。

何はともあれ、今回の不時着で死者も出ず 大きなケガをする人もいなくて
本当によかったと思いました。

Comment

No title 

日本でも朝からニュースしてました。パイロットの方が優秀だったから乗り越えれた危機ですよね。
駐在者だと飛行機に乗る機会も多くいつ何が起こるか分からないそんな不安を持ちながら飛行機に乗っています。こんなニュースをみると事故は怖いですが、全員が助かったことを考えるとよかったなって本当に思いました。
  • posted by ぽん太ママ 
  • URL 
  • 2009.01/17 00:46分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

サレンバーガー氏、すごいですね。
歴史に残る偉業だと思います。
しかし、この日は猛烈な寒波・・・
川の上で助けを待つ方達は、本当に寒かったと思います。
命があるだけ良かったと言えばそうかもしれませんが・・・寒いし不安だし怖いし、大変だっただろうなぁ。

飛行機は・・・乗ってしまえば運命共同体なので、私はある種、諦めています。(笑)
  • posted by *sakura* 
  • URL 
  • 2009.01/17 10:56分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

私も朝つけたCNNでこれを知りました。鳥がHitする確立は1万機に1台だそうで、エンジン製造会社も鳥を放り込んでの試験などもしているから、この事故も信じがたい確率で起こったと言ってましたけど。しかも鳩とかではなく、鴨類の渡り鳥の大きな鳥だったそうですよ~・・・本当に運が無いのか、あるんだか。
ともかくも、止まったエンジン、高度も低くて、とっさの判断とはいえ、素晴らしい。そのラッシュ時間で水上タクシーさえも避けて着水した事もすごい事らしいですね。。。本当に良かったです。
住み慣れた&元地元としては、余計にドキドキするニュースですよね。。。
  • posted by すぅ 
  • URL 
  • 2009.01/18 19:54分 
  • [Edit]
  • [Res]

★ぽん太ママさんへ★ 

日本でもニュースでやってたんですね。

>駐在者だと飛行機に乗る機会も多く
>いつ何が起こるか分からないそんな不安を持ちながら飛行機に乗っています。

私も毎回不安な気持ちを持ちながら乗りますねぇ。
目的地に着くと一気に疲れが出ます。
  • posted by nao 
  • URL 
  • 2009.01/19 17:24分 
  • [Edit]
  • [Res]

★*sakura*さんへ★ 

色々と好条件が重なったとはいえ、
一人も死者を出さないで済んだことは奇跡的ですね。
川の上で助けを待つ方たちは、寒かったし怖かったでしょうね。

>飛行機は・・・乗ってしまえば運命共同体なので、私はある種、諦めています。(笑)

・・・そう、運命共同体なんですよね。
毎回ドキドキしながら乗ってます。
  • posted by nao 
  • URL 
  • 2009.01/19 17:29分 
  • [Edit]
  • [Res]

★すぅさんへ★ 

鳥が当たる確率は、1万機に対して1回なんですか~。
当たりたくない!! 同じ当たるなら宝くじでお願いしたいですね。

見たことがある風景のところだったのと、
実際に我が家でも利用する空港なだけに ドキドキしたニュースでした。
  • posted by nao 
  • URL 
  • 2009.01/19 17:34分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

NY赴任中は夫がシャーロット行の便をよく利用していました。
想像しただけでも背筋がゾッとします。
実はあの飛行機に乗っていた2人の日本人、知り合いです。
慌ててその奥様にTELしました。
どんなに怖かったことでしょう。
  • posted by ゆき 
  • URL 
  • 2009.01/20 08:04分 
  • [Edit]
  • [Res]

★ゆきさんへ★ 

ゆきさんちの旦那さまは、シャーロット行きの便を
よく利用されてたんですか~! 

えっ?? あの飛行機に乗っていた日本人乗客2人とも
お知り合いなんですか? ニュースを見てビックリされたことでしょうね。
2人とも無事で本当によかったですね。
  • posted by nao 
  • URL 
  • 2009.01/20 20:45分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

nao

Author:nao
アメリカ・NYに住んでいる
naoといいます。

2001年にNYへ。
5年の駐在予定のはずが
延長になり
2005年からFLで生活。
そして、2009年春・・・
予想外に古巣に戻ることになり
4年ぶりのNY生活が
始まりました。

いったいアメリカ生活は、
いつまで続くのやら。

アクセスカウンター

TIME

東海岸時間    日本時間                         

カウントUP

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

QRコード

QRコード

右サイドメニュー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。