We're gonna step and go !

2001年9月にNYへ。2005年からFLで4年生活。そして2009年春から再び      NY生活が始まりました。日々の出来事を書いています。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

痛む・痛まないはDr.の腕次第

10月から、こちらの歯科に治療に通っている私。

前記事は、こちら → 歯医者通い

それまでは、クリーニング程度なら行ったことがあるけれど
治療は一時帰国の時にしていました。
(専門用語など言われても分からないし~・・・ってことで)
一時帰国の時でもOKなくらい、それだけ、急ぎの治療ではない程度だったのです。

でも、10月に どうにも我慢できないほどになり デビューしました。
相変わらず、私は怪しいヒアリングですが まぁ何とか聞き取って
これまた怪しい英語で会話して なんとか今日に至ってます。

今日は治療の日でした。
12月の中旬に治療したところの続きだったのですが・・・

12月の時は、治療後 1~2日くらい激痛に襲われていました。
治療箇所が痛むというよりも 麻酔注射を打った場所が痛かった のです。

アメリカでは、ほぼ100% 治療の時には麻酔注射を打ちます。
日本に住んでいた時は(7年前)、麻酔注射なんて滅多にしなかったので
ガンガン打たれることに抵抗がありましたが
最近では、そういうものなんだと思うようになりました。
(聞くところによれば、日本の歯医者さんでも最近は麻酔をよくするとか・・・?)

話は戻り、12月の治療の時は いつも見てくださるDr.ではなくて
他のところから応援という形できていたDr.が担当でした。

治療するにあたり、麻酔注射を・・・。

”うっ、いたぁ~~い” 

ほっぺの内側2本と歯茎の近くに1本打たれたのですが
いつもと違い、痛いと感じました。

治療中は、麻酔が効いているので もちろん痛みはありません。
問題は 家に帰ってから数時間後のこと。
痛みがジンジン広がっていました。
最初は、治療したところかなぁ~と思っていたのですが どうもそうではないらしく
探し当てたら、ほっぺの内側が腫れていて そこからの痛みでした。
その痛みは、3日くらい続きました。

前回、こんな思いをしたので 今日もまたあの痛みを味あわなきゃいけないのかと
思うと歯医者に行くまで気が重かったです。

予約時間になり、部屋に通されて しばらくしたら いつもの担当のDr.が来ました。
今日の治療の説明を受けたあと いざ麻酔注射。

!!!!!!!!! 注射の仕方が違う??????

いつも見てくださるDr.は、1本注射したあと 私のほっぺを揉んでいるような感じでした。
2本目のあともそうでした。そして、麻酔薬の注入の速度も違うように感じました。

結果・・・・

家に戻ってきてから、麻酔の効果が切れたであろう時間になっても
前回のような ほっぺの痛みはまったくありませんでした。 

麻酔は治療中の痛みを和らげるために打つはずなのに
前回の私は、その後の激痛に悩まされていました。
しかし、今日は痛みもなし。 よかった~。

治療もそうですが、麻酔1本打つのも Dr.の腕によっては
こんなにも違うんだ~と実感した1日でした。

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

nao

Author:nao
アメリカ・NYに住んでいる
naoといいます。

2001年にNYへ。
5年の駐在予定のはずが
延長になり
2005年からFLで生活。
そして、2009年春・・・
予想外に古巣に戻ることになり
4年ぶりのNY生活が
始まりました。

いったいアメリカ生活は、
いつまで続くのやら。

アクセスカウンター

TIME

東海岸時間    日本時間                         

カウントUP

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

QRコード

QRコード

右サイドメニュー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。