We're gonna step and go !

2001年9月にNYへ。2005年からFLで4年生活。そして2009年春から再び      NY生活が始まりました。日々の出来事を書いています。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

冬休みの宿題

長かった冬休みもあと2日で終わり。

す~~~っかり遊びほうけていた子どもたちですが
補習校の宿題が 3つ残っている状態です。

ドリル類は、まぁ 何とかなるからいいとして・・・

毎年作られる、補習校の文集に載せる作文(下書き)を
まだ書き上げていないのは ちょっとちょっとぉ~、まずいんじゃな~い??

親の私も、冬休みくらい ガミガミ言わなくてもいいか・・・と
のんびり過ごしていた子どもたちを容認してしまったのも
いけないんですけどね

来週1週間あるといえども、あさってからは現地校が始まり
そっちの宿題に追われるだろうから 
じっくりできないだろうなぁ・・・・

私が小2の時は、自身が文章を書くのが好きだったこともあるけれど
日本で当たり前のように国語の勉強があったし、作文を書く機会も多くあったから
親に頼らず、自分で思うように色々と書いた記憶があります。

しかしながら、海外生活が長い我が家の子どもたちは
私から見ると文章を構成する力が弱いんですよねぇ。
だから、作文の宿題は時間がかかるのです。

作文の宿題が出ると 本人たちもかなり苦手意識を持っているためか
弱音を吐き そしてすぐ私に 「ここは どうするの?」とか
「ここは何て書くの?」とか 甘えたことを言ってくるので困りもんです。
頼って欲しくはないけれど 突っぱねることもできないので
”ヒント”だけ あげます。 そこから先は 頑張ってもらわないと意味がありません。

残念ながら、日本に住んでいる同学年のお子さんに比べると
明らかに 語彙が足りないので無理もないといえばそうなのですが
母としては、想像力を働かせて 自分の思うように書いて欲しいなぁと
作文の宿題が出るたびに思うのです。

あぁ・・・・こんな子どもたちだと分かっていたはずなのに
年内のうちに 終わらせておかなかったのは私のミスだなぁ。
母は反省します

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

nao

Author:nao
アメリカ・NYに住んでいる
naoといいます。

2001年にNYへ。
5年の駐在予定のはずが
延長になり
2005年からFLで生活。
そして、2009年春・・・
予想外に古巣に戻ることになり
4年ぶりのNY生活が
始まりました。

いったいアメリカ生活は、
いつまで続くのやら。

アクセスカウンター

TIME

東海岸時間    日本時間                         

カウントUP

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

QRコード

QRコード

右サイドメニュー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。