We're gonna step and go !

2001年9月にNYへ。2005年からFLで4年生活。そして2009年春から再び      NY生活が始まりました。日々の出来事を書いています。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

年末、特別番組

今年の春から、日本のTVがPCを通じて見られるようになり 
and  ケーブルを繋げてTV画面で見られるようになり 
まるで日本のリビングでTVを見ているかのような我が家。

最近は、年末特番が多くなってきて どの番組を見ようか迷いながらも
気になる番組はひとまず録画予約→ダウンロードしちゃえ~!ってことで
ファイルにかなりの数が溜まっています。

夕飯のあと、娘が楽しみにしていた
”驚きの嵐、世紀の実験学者も予測不可能スペシャル5”を一緒に観ました。

実験内容は・・・

実験(1) 「新聞紙で作った気球で空を飛べるのか?」
実験(2) 「色水に野菜や果物をほっといたらどう育つのか?」
実験(3) 「コンブの船で海を渡れるのか?」
実験(4) 「一音ずつ鳴っている前を通り抜けたら音楽に聞こえるのか?」
実験(5) 「雨の中『歩く』のと『走る』のではどっちが濡れないのか?」
実験(6) 「ミラーマンは本当に消えるのか?」
実験(7)「小→大、大→小 同じ大きさのドミノはどっちから倒したほうが速い?」
実験(8)「レーシングカーに救急車のサイレンをつけたらどう聞こえるのか?」

といった感じで 番組を見るまでは
正直くだらな~~い!って思ってたのですが
実験結果は それぞれが驚きありで 面白かったです。

中でも 実験(4) は、へぇ~!って感じでした。

実験内容は、時速100km/hの車に乗り、
一音ずつ音を鳴らしている前を走り抜けたら
ちゃんと曲に聞こえるのか? という音実験でした。
曲は、今年流行った「崖の上のポニョ」でした。
一音と一音の間は、きちんと計算された距離で人が並んでいました。

実験結果は・・・・”ちゃんと曲になっていました”  

この番組のすごいなぁ~って思うところは、その手の専門家や
大学教授などがゲストで出ているということです。
そして、シリーズが第5弾ということ。

くだらない・・・内容だけど 専門家の方も気になる内容の
実験だからなのでしょうかねぇ。

明日、あさっても 面白そうな番組が色々とありますねー。
録画予約をしなくっちゃ。




Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

nao

Author:nao
アメリカ・NYに住んでいる
naoといいます。

2001年にNYへ。
5年の駐在予定のはずが
延長になり
2005年からFLで生活。
そして、2009年春・・・
予想外に古巣に戻ることになり
4年ぶりのNY生活が
始まりました。

いったいアメリカ生活は、
いつまで続くのやら。

アクセスカウンター

TIME

東海岸時間    日本時間                         

カウントUP

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新記事

QRコード

QRコード

右サイドメニュー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。