We're gonna step and go !

2001年9月にNYへ。2005年からFLで4年生活。そして2009年春から再び      NY生活が始まりました。日々の出来事を書いています。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

習い事スタート★

先週から子どもたちの習い事が始まりました。
習い事の一つである、テニスです。

ここのスクールは室内コートで
中には、10面以上のコートがあります。
IMG_0713_2_1_convert_20090914232806.jpg
廊下を挟んで、反対にも同じような感じでコートがあります。


一クラス、4人のレッスンです。
息子と娘は、別のクラスでした。(事前にレベル分けテストを実施)

IMG_0701_1_1_convert_20090914232510.jpg
(娘のクラスは、男の子2人、女の子2人)

IMG_0711_1_1_convert_20090914232539.jpg
(息子のクラスは、男の子4人)

久々のテニスは、楽しかったみたいです。
私から見ても、それぞれのコーチのレッスン内容は充実したものでした。
IMG_0725_1_1_convert_20090914233408.jpg


スクールに入る前、ちゃんとレベル分けテストがありました。
そしてテストを受けたあとに申し込み書が渡されます。

そこには、曜日・時間の他にお値段が書いてあるのですが
初め見た時、あまりの高さにビックリ!! 

9月から来年1月末までのレッスンで一括払いをしなくてはならないのですが
1回当たりのレッスンを計算すると1時間でおよそ40ドル。
うわぁ~・・・マイアミで行ってたテニススクールの およそ2.5倍じゃーん。
その他にも、クラブメンバー費が一人150ドル。
一体、一人いくら支払えばいいの???と計算したら・・・・・
そして、×2・・・・・。
習い事に、ここまでかけていいのかと悩み その日は手続きをしないまま帰宅。

でも、テストを受けた後の 子どもたちの楽しみにしている様子を
見てしまったら 習いに行けないと言えないし 何とか習わせてあげたい。
1週間くらい時間をかけて、子どもたちにもやる気をもう一度確認し
その結果、申し込みしてきちゃいました。
ウン千ドルを一括払いしてきたのは、清水の舞台から飛び降りたようなもんです。

けど マイアミ時代では小学校はプライベートスクールだったので
毎月ウン百ドルが飛んでいたものが、ここではパブリックスクールになり
毎月の支払いはなくなりました。
モノは考えようで・・・ってことで割り切ってしまおうと思います。(夫よ、ごめんね)


子どもたちが入ったところは、近くのテニススクール。
こちらの人に聞いた話では、昔の有名プレイヤー ジョン・M が所属していたとか?
これは、マイアミのテニススクールのコーチも同じことを言っていたから本当なのかも。
地元の人いわく、名門スクールらしい。(・・・なるほどぉ~!だからお高いのか)

まっ、私は近くて送り迎えしやすいという点で選んだのが大きいのですが(笑)
子どもたちには、しっかり学んで欲しいものです。


Comment

始めたんですね~ 

そちらは、室内なんですね(やっぱり寒いからなんでしょ~?)
一年中暖かかったFLとは、違うよね。
名門テニススクールで、またまた腕を磨いて、将来楽しみだね♪うふふっv-238
なおちゃまも再開でしょ~いいな~
私もやりたいです♪
  • posted by とんとん 
  • URL 
  • 2009.09/21 16:21分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

nao

Author:nao
アメリカ・NYに住んでいる
naoといいます。

2001年にNYへ。
5年の駐在予定のはずが
延長になり
2005年からFLで生活。
そして、2009年春・・・
予想外に古巣に戻ることになり
4年ぶりのNY生活が
始まりました。

いったいアメリカ生活は、
いつまで続くのやら。

アクセスカウンター

TIME

東海岸時間    日本時間                         

カウントUP

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新記事

QRコード

QRコード

右サイドメニュー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。